プロジェクター情報局

おすすめのプロジェクターのレンタル

プロジェクターがあれば、会議やプレゼンテーション、またホールでのイベントや劇場での上映会などの際、パソコンやデッキの映像を大画面に投映することができます。
ですが、プロジェクターは買うには高いという人も多いでしょう。
そういう人にはそのレンタルサービスをおすすめします。
ケーブルとセットで貸し出すサービスです。
また、スクリーンやレーザーポインター、物体投映する書画カメラなどを貸し出す所もあります。
インターネットのホームページから貸し出している所も多いです。
送料については無料のこともあります。

そのレンタルサービスを利用する際、どんなプロジェクターを選んだら良いか分からないという人も多いでしょう。
選び方としては明るさを重視してください。
明るさルーメンという単位で表します。
例えば3.000ルーメンは2.000ルーメンより1.5倍明るいです。
そう言われても、明るさがイメージできないという人も多いでしょう。
レンタルショップで、1.5倍がどれくらい明るいか実際に見てみてください。

プロジェクターで映像を映す流れが分からないという人も多いでしょう。
レンタルサービスのお店でていねいに教えてもらえます。
パソコンなどの映像源から、プロジェクターで映像信号をキャッチしてスクリーンに投影するという流れです。
映像信号にはビデオ信号とコンピュータ信号がありますから、映したい映像源の信号がどちらか確認しておきましょう。

プロジェクター レンタルはAZA



メーカー別プロジェクターの特徴

プロジェクターと言えば、スクリーンに投影し、大きな画面で映像を見るための道具です。しかし、プロジェクターを販売しているメーカーは多数あり、メーカーそれぞれで明るさや解像度、接続機器や接続端子といったものも異なります。これらはプライベート用やビジネス用、或いは使用する部屋の大きさやスクリーン、投影距離等でメーカーを選択してみると良いでしょう。
 それぞれのメーカーの特徴として、例えば、Panasonicはビジネス用に適していると言えます。というのも、Panasonicは大会議室用の大規模なものを専門とし、オプションが豊富であるだけでなく、機器の選択によってコストを抑えることができるからです。そのため、大きな部屋でのビジネス用にはPanasonicはおすすめであると言えます。
 一方、HITACHIはビジネス用からプライベートで使用するホームシアター等、広くプロジェクターを扱っていますが、その中にはLEDによるものもあり、電力消費を少なく抑えることができる他、長時間の使用にも熱を持たずに使えるという特徴を持つものもあります。
 SANYOは最新のモデルにおいて言えば、投影された色彩の色を任意に変えることができるパターンが多く、自分の好みの色彩で映像を見ることができるものがあります。そのため、個人の好みを反映させやすいため、ビジネス用というよりはプライベート用に適していると言えるでしょう。
 以上のことから、使用用途や各メーカーの特徴を参考に、プロジェクターの購入を検討してみてはいかがでしょうか。